サンタクロース追跡が2018年も始まりました!

サンタクロース追跡業務は、アメリカ軍とカナダ軍が共同運営する北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD:ノーラッド)が毎年行う恒例の「特殊任務」です。

と言われても何それ?

ってなってしまったわけですが、クリスマスのちょっとユニークなバーチャルゲームのような感じのものでした。

なので、プレゼントを届けるサンタさんの年齢も106歳で、トナカイのスピードは飛行機よりも早いという設定!

12月に入ると毎年、サンタさんの特殊任務ページが開設され、サンタさんが出発するまでは、特殊任務ページでサンタさんの様子を見たりゲームで楽しむことができます。

そしてサンタさんは、プレゼントを届けるために、クリスマスイブの12月24日午後(日本時間)にサンタ村を出発し、世界の子どもたちにプレゼントを届けます。

それがサンタ追跡です。

なんだかすごく可愛いし、夢があるんですよ♪

ここではサンタさんがいつ日本に到着するのか?特殊任務ページでサンタさんは何をしているのかも調べてみました。

 

Sponsored Links

サンタさんの2018年日本到着時間は?

日本への到着時刻は12月24日の23:00頃。

12月24日の20:00にはオークランドを過ぎていました!

そして20:30にはクイーンズタウンから現地の写真を送ってくれましたよ!

12月24日21:00

↑漢字で島の名前が出てるけど、日本のはるか北。

日本へは、ぐるっとUターンして戻ってくるルートのようです。

それにしてもサンタさんの後ろ姿かわいい♪

12月24日21:30

なんか、すでに日本を通過してるっぽい。硫黄島から写真が届いた・・・

そして、U-ターンしてサンタさん休憩中(21:37)

すでにサイパンまで行ってるのに、「もうすぐ到着する」って本当か???

12月24日21:50

もうサンタさんパプアニューギニアに行っているのに、もうすぐ到着って、私の居場所は一体どこになってるんだろう?

12月24日22:30

オーストラリアをぐるっとまわって現在はインドネシアのブルボンで煙突からドカドカとプレゼントを流し込んでるサンタさん。

日本にもう1回戻ってきてくれそうだ♪

以下、時間が少しずれてます。詳細は明日まとめます。

      横浜:22:56

      東京:22:55

      新潟:22:01

      函館:23:06

      この後、日本を発ってソウルに行きました!

      ↓ソウル

       

      サンタさんが出発したのは、日本時間でクリスマスイブの12月24日午後(日本時間)なのでそれまでは準備中。

      出発前のサンタさん、暖炉のそばでのんびりくつろいでいたのですがちゃんと24日になったので出発しています。

      と場所がわかったら最新情報を追記していきますね!

       

      2017年サンタさんの日本到着時刻と場所はどこだった?

      Googleのサンタ追跡サイトによると、2017年にサンタさんが日本に到着したのは、12月24日の午後10時50分

      名古屋に到着していました。

      そして日付が変わって12月25日の0:32分には、既にオーストラリアのオールバニー到着!

      サンタさんが、到着した場所や時間はGoogleのサンタさんの追跡サイトで確認することができます。

      マレーシアからインドネシアへは3分で到着。

      更にインドネシアからオーストラリアへは4分で到着!

      猛烈ダッシュで駆け巡ってくれるトナカイくんたちも頑ってくれてます(笑)。

      ⇒ Googleのサンタ到着時間

      Sponsored Links

      ノーラッド(NORAD)がサンタ追跡を始めたきっかけ

       

      ノーラッドは爆撃機や核ミサイルなどの航空攻撃に対して、北米の防衛を行っている軍事組織です。

      まじめでお堅いイメージがあるノーラッドですが、このサンタ追跡業務は、なんと1955年から続いている伝統で由緒あるものでした。

      1955に、コロラドスプリングスに拠点を置くシアーズローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設しました。

      ところが、その時にサンタにつながる電話番号を間違えて広告に掲載してしまったのです。

      そしてなんとその間違った電話番号というのが、ONAD(中央防衛航空軍基地)の司令長官のホットラインの番号。

      しかも、その番号はソ連(当時)からの攻撃などがあった場合のみに鳴るような、極秘「ホットライン」作戦の番号だったというではありませんか!

      初めて電話が鳴ったときの、司令部の張り詰めた状況は以下のように伝えられています。

      最初の電話は、シャウプ大佐が対応した。

      「もしもし、こちらはハリー・シャウプ大佐です」

      しかし、返事がない。

      「もしもし、こちらはハリー・シャウプ大佐です」と、もう一回繰り返したが沈黙は続く。「もしもし」ホットラインに沈黙が広がる。「もしもし、聞こえますか?」

      ついに、返事があった。しかし、それは司令官からではなかった。それは...小さな女の子からのものだった。彼女もまた、困惑していた。

      「あなた、本当にサンタクロース?」

      司令官は誰からの電話なのか問い詰めた。無愛想で、センスがなかった。電話の声は泣いていたと、シャウプ大佐の娘は当時を振り返った。

      引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/24/norad-tracks-santa-2017_a_23316137/

      NORADの公式サイトによると、シャウプ大佐はサンタが南に向かった形跡がないか、部下にレーダーで確認させ、電話を掛けてきた子供たちに、サンタの現在地の最新情報を順次伝えました。

      1958年、カナダと米国の両政府が「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」として知られる両国が、共同運営する北米防空組織を創設しています。

      その時に、サンタの追跡という伝統も引き継いだというわけです。

      今では、これが伝統となって、現在も世界中のボランティアを巻き込んでクリスマスになるとサンタの追跡業務を続けています。

      以下の画像が、迷彩服を来たノーラッドの職員さん達が、サンタさんの居場所を追跡したり、子どもたちに伝えているシーンのようです。

      とっても楽しそうな「特殊任務」で、なんだか笑えるようなほっとするワンシーンです。

      引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/24/norad-tracks-santa-2017_a_23316137/

       

      ノーラッドの、特殊任務の特設サイト内のサンタさんもとってもかわいいんですよ!

      ⇒「NORAD TRACKS SANTA(ノーラッド・トラックス・サンタ)」

       

       

      Sponsored Links

      サンタさん出発前のサンタ村でゲームする

      サンタさんが暮らすサンタ村では、クリスマスの時期、私達も一緒にゲームで愉しむことができます。

      サンタさんがプレゼントを届けるために出発するまでの間だけと、大人も結構楽しめるんですよ。

      ただ、サンタさんなんか変!?っておもったらすごくラフな服装でした。

      ⇒ サンタ村で遊ぶ

      まとめ

      ここではサンタさんがいつ日本に到着するのか?特殊任務ページでサンタさんは何をしているのかも調べてみました。

      2017年は、日本時間の12月に24日夕方に出発したサンタさんは、日本へは名古屋に24日の夜22:00頃にに到着していました。

      2018年も、プレゼントを届けるルートが変わっていなかったら同じ時刻頃に日本到着だと思われます。

      1年経って、トナカイさんのスピードがアップしてるかもしれませんけどね。

      ⇒ Googleのサンタ到着時間

      ⇒「NORAD TRACKS SANTA(ノーラッド・トラックス・サンタ)」

      ノーラッドのサンタ追跡は、ノーラッド(NORAD)とGoogleで行っているバーチャルゲームです。

      この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

      Sponsored Links
      コメントを残す

      おすすめの記事