『あぱん工房』は、千葉県の南房総市にある予約制で日曜日だけにオープンするパン屋さん。

口コミをチェックしてみると「とっても美味しい」の、「とっても」がとってもすぎるというものばかり!

おいしい秘密を探ってみると、パンの使われる材料が、自家製の天然酵母と地元で育ったオーガニックなお野菜たちです。

なるほど、これは美味しいに決まっていますよね。

そんな「あぱん工房」さんが3月2日の人生の楽園の主人公なのですが、本当に美味しそうで、店舗のある場所も自然豊かですごくステキな場所なんですよね。

予約をしておかないとパンを購入することはできないのですが、店舗は大きな道路から少し入った場所にあり、少しわかりにくいです。

なのでここでは「あぱん工房」さんのパンの種類や予約方法と併せて、行き方アクセスの道順と口コミについても詳しくまとめています。

Sponsored Links

あぱん工房のパンの種類と値段

あぱん工房さんのパンはなんと、ぶどうや甘酒、酒粕、ヨーグルトなど、パンの種類によって違った自家製の天然酵母を使ったパンです。

●いろんな種類のパンがあるけど、値段はどれも一袋400円(2019年2月の時点で)

パン生地にも、砂糖の代わりに甘酒が使われていたり、フォカッチャ生地にオリーブ油を塗布する以外は、基本的に油脂も使われてません。

パンの中に入っている具材も、できるだけ地元産の自家栽培でそだった無農薬で、ドライフルーツにしてもできるだけオーガニックなものを使っていらっしゃいます。

想像しただけでも美味しい事がわかるし、幸せな気持ちになりますよね。

天然酵母を使ったパンって、スーパーなんかに並ぶパンとは全く違っていて、食べ慣れないと少し癖があるけど、食べ慣れると、もう、これしか食べられなくなってしまうんですよね。

パンの種類とメニュー

 

通年メニューのほか、毎月の季節替わりのパンもあります。

  • 全粒粉入り食パン
  • オレンジピールパン ←すごく評判が良いです!
  • アップルロールパン
  • ベーコンパン

ちなみに直近で販売されるパンを紹介すると、2019年の3月の予定は以下の通りでした。

月替りの季節パン

ちなみに直近の季節パンの予定は、以下のようになっていました。

3月3日(日曜日)販売

  • 食パン
  • 新アールグレーパン
  • クランベリーパン
  • 玄米パン
  • 小麦胚芽パン
  • クルミイチジクパン
  • 抹茶黒豆パン
  • オリーブ入りフォカッチャ(2枚入り)

3月17日(日曜日)販売

  • 全粒粉入り食パン
  • デーツパン
  • 黒糖ベーグル(2個入り)
  • ベーコンパン(2本入り)

3月24日(日曜日)販売

  • カンパーニュ
  • 亜麻仁とごまのパン
  • オレンジピールパン
  • 白ごまあんロールパン

3月31日(日曜日)販売

  • 雑穀入り食パン
  • クルミレーズンパン
  • 胡椒とヒマワリの種のパン
  • グリーンレーズンパン

パンの販売は事前予約制になっているので、予約方法を詳しく説明していきます。

あぱんのパンの予約方法とパンの購入方法

●パンの予約は、前日土曜日の午前中まで!
●予約はメールのみ(問い合わせのみ電話可)
●パンの受け取りと購入は発売日の日曜日、10時半~16時。

※予約が多い場合は、対応できない場合もあるようなので、その場合はまた日をあらためて予約してみましょう。

あぱんのパンが販売されるのは日曜日のみ。
なので予約は、前日の午前中までにメールで予約をしてください。

販売されるパンは発売日によって種類が変わります。
またその時の材料の調達具合によっても変更になる可能性があるので注意してください。

お問い合わせ予約メールには、

  • お名前と連絡先
  • パンの種類と個数 をわかりやすく記載して置きましょう。

また、送信したメールアドレスが、知らない人からのアドレスを受け付けない設定にされている方も多いですね。

急な用件で、あぱん工房さんから連絡が入る場合もあるかも知れませんので、ちゃんと受信可能にしておきましょう。

●メール⇒apan-2365-pooh@docomo.ne.jp

あぱん工房連絡先(芳賀さん)

 

  • 住所:千葉県南房総市大井2365
  • TEL :0470-46-8566
  • mail:apan-2365-pooh@docomo.ne.jp

あぱん工房の場所と住所

●あぱん工房の場所:千葉県南房総市大井2365

あぱん工房さんのある場所は、ちょっと奥まった民家の集まる自然豊かな場所。

このあたりに土地勘がないと、場所の想定がちょっとむずかしいかも。

おおよその場所から、順に画像を貼って説明していきます。

あぱん工房の行き方アクセス

おおよその場所

●あぱん工房の場所:千葉県南房総市大井2365

公共交通機関を利用

●あぱん工房の場所:千葉県南房総市大井2365

JR南房線利用では、3つの最寄り駅から、愛宕山の方へ車で約20~30分位。

  • 南三原駅⇒272号線経由
  • 和田浦駅⇒186号線経由
  • 江見駅⇒128号線⇒186号線経由

最寄り駅からタクシーで20分だと、帰りの料金も入れると、ちょっと料金がかさみそうですよね。

公共交通機関利用の場合は、自然が豊かな場所なので、最寄り駅からレンタカーを借りてドライブがてらにあぱん工房さんへ向かうっていうのが良さそうです。

 

 

車で国道410号線経由

お車利用の場合は、国道410号線経由がわかりやすいです。

国道410号線沿いにある「川孝石材墓石マート」さんから車で2分程度。


「川孝石材墓石マート」さんから県道89号線に入るとすぐに小さな細い橋を超えてすぐに左折。

国道410号線から県道89号線に入ると、すぐ左に「あぱん工房さん」の看板が見えてきます。

国道420号線から県道89号線入ってすぐの景色。

路地への入り口に、あぱん工房さんの看板があります。

↓下記の画像は、Googleマップを埋め込んでいるので、クリックして周辺の詳細を確認することができます。

車が1台しか通れない路地を下った所に「あぱん工房」さんがあります。

View this post on Instagram

 

Yuna Parkさん(@yunapark88)がシェアした投稿 -

あぱん工房さんの口コミと評判

View this post on Instagram

 

shima hataさん(@shima_yoga)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

 

お昼にいいパン🍞ずっしりおいしい #あぱん工房 #南房総 #パン

satoko ebisuiさん(@satokoebi)がシェアした投稿 -

あぱん工房をオープンしたきっかけ

あぱん工房のオーナー芳賀敦子さんは、東京の両国で3人姉妹の末っ子として生まれ、看護学校を卒業して都内の病院に勤めていました。

22歳の時に8歳年上の裕さんと結婚してからも、仕事を続けながら子育てをしていらっしゃったそうです。

30歳になってから、自然に囲まれた暮らしがしたいと房総半島に土地を見つけ東京から移住。

そこでは4人目の子供が生まれ、東京時代と同じ様に、仕事もしながら子育てと家事に頑張っていたそうです。

そんな敦子さんに天転機が訪れたのは50歳を超えたころで、当たり前だと思っていた看護師さん特有の不規則な生活に疑問を感じ始めたことだったそうです。

53歳になって、「もっと自然を感じながらゆったりと暮らしたい」と看護師を辞め、その後は畑で野菜を育てたり仲間と味噌を作ったり、ハイキングを楽しむなど、のんびりとした生活を送っていたそうです。

もともと、敦子さんは20代からパン作りをやっていて、それが1番の趣味だったそうなんです。

毎日の様にパンを焼き、友人たちにも分けていたところ、友人たちから「こんなに美味しいパンを作れるなら売ったら?」と言われたことがきっかけで、パン店を始めることを決意されました。

そして、自宅横に工房を造り、2016年9月に週に1日だけ営業するパン屋さん「あぱん工房」をオープン。

この時の敦子さんは56歳だったそうですが、まだまだ、やりたいことややれることって沢山ある年齢ですもんね!

まとめ

ここでは、3月2日の人生の楽園で放送された南房総市にある「あぱん工房」さんのパンの値段や予約方法、また行き方やアクセすと併せて、口コミについてもまとめています。

自然いっぱいののどかな場所にある「あぱん工房さん」までの道順を調べているだけで、1年の季節を感じることができそうでした。

きっと、もう少ししたら鶯の鳴き声がきこえるのかな?とか、夏には蝉の声もうるさそうだなとか。

そして、鈴虫の声が聞こえてきたころに冬支度にはいるのかな?とか。

パンって、発酵させる時に周りの空気や創りてのエネルギーを取り込みます。

なので、大都会で有名な人が作るパンももちろん美味しいんだけど、自然豊かな場所で育ったものを使って、心を込めて作られるパンって、味覚だけでは感じられない美味しさを感じることができるんですよね。

テレビ放送後は予約が殺到すること必須だと思うので、ちょっと時期をずらして予約するほうが確実かもしれませんね。

4月以降に販売されるパンの予定は、あぱん工房さんの公式ホームページから確認できます。

⇒ あぱん工房さんHP

 

Sponsored Links
コメントを残す

おすすめの記事