カフェ木いちご(阿賀野市)の場所はどこ?メニューと口コミ評判も調査

未分類




阿賀野市の「カフェ木いちご」は、五頭温泉郷にある「ペンションぽっぽ五頭内」の中にあります。

その「カフェ木いちご」のオーナー椎野和子さんと、竹の鳥かご職人のご主人・十蔵産後夫妻が10月20日の人生の楽園の主人公なのですが、自然も豊かで、椎野さんご夫妻がとてもステキなご夫婦なんです。

ここでは、奥様の和子さん経営の「カフェ木いちご」について、場所やメニューそして口コミについても調べてみました。

ご主人の竹の鳥かごやさんは、

⇒ 鳥籠屋十蔵(とりかごやじゅうぞう)竹の鳥かご販売とオーダーについて

Sponsored Links

カフェ木いちごについて

ぽっぽ五頭

引用:https://aganogawa.info/archives/24015

カフェ木いちごは、新潟の五頭温泉郷にある「ペンションぽっぽ五頭内」にあります。

とっても自然豊かな場所で、デッキからの眺めは最高なんですよ!

カフェ木いちご(ペンションぽっぽ五頭)

カフェ木いちご店内

引用:Google

  • 住所:新潟県阿賀野市畑江33
  • 電話:0250-47-5250
  • 営業時間:10:00~17:00(10~12月は10:00~15:00)
  • 店休日:水・木(冬期休業)
  • 席数:30(+テラス席8)
  • 共同駐車場:20台

冬になると休業してしまうので、下記「カフェ木いちご」さんのフェイスブックで確認してからおでかけくださいね。

「カフェ木いちご」のメニューと口コミ評判

メニューについて

メニューは、ランチタイムの食事はもちろん、ドリンクやカフェメニューも充実しています。

カフェ木いちごメニュー02

引用:食べログ

沢山のお食事メニューの中で1番人気は、ナポリタンだそうです。

下記は、ナポリタンではないけど、夏のトマトときゅうりのパスタ。

凄く美味しそうです。

カフェ木いちごパスタ

引用:https://aganogawa.info/archives/24015

そして下記のセットは、デザートメニューにもある豆腐白玉ぜんざい。

カフェ木いちご白玉ぜんざい

引用:Google

緑色はきっと抹茶白玉だと思うのですが、「豆腐白玉」が気になって作り方を調べてみましたよ!

水分にお豆腐を使うんですって。

豆腐白玉の作り方

豆腐白玉楽天レシピ

引用:楽天レシピ

  1. ボウルに白玉粉と絹ごし豆腐を入れ、手で豆腐をつぶしながら白玉粉と練り混ぜ、耳たぶくらいのかたさになるまでこねる。
  2. 直径2cmくらいに丸め、真ん中にくぼみを作る。
  3. 鍋に湯を沸かし、丸めた白玉を入れて、浮き上がってきてから1~2分ほど茹でて、冷水にとれば豆腐白玉の出来上がり!

●詳細は⇒ 豆腐白玉の作り方

Sponsored Links

カフェ木いちごの口コミ評判

カフェ木いちごさんの口コミは、お料理の美味しさと、場所の美しさに関するものばかりでした。

●森の木々に囲まれ、天井の高いウッディな空間は、
テーブル席もゆとりのある配置で、居心地が良いです。
一番人気はナポリタンで、
とっても優しい味なのにプロくて、リピーターが多いのも頷けました!!
メニューは全体的に「安心できる美味」
材料は地元の野菜やこだわりの卵を使っているとのこと。

それから、和風パフェ、、絶品!
あんこや白玉は自家製とのことでしたが、
今まで食べた和風パフェの中で断トツにお気に入りです。

名水で淹れたコーヒーを飲みながら自然に親しむ。
人ごみの喧騒から距離を置けるのに、人とのご縁は大切にしたくなるような暖かみのあるカフェ。

冬季は閉鎖になるので、行ける季節に是非(^^)

引用:Google

夏場だと、こんなに緑が綺麗です。

個人的には、雪景色も最高に綺麗だろうなと思うのですが、残念ながら閉鎖になってしまうんですよね。

カフェ木いちごデッキ

引用:Google

五頭のキャンプ場に向かう途中にあるペンション「ぽっぽ五頭」の中にあるカフェ木いちごさん。
国道から山道を上っていくと左側に看板が。
カフェ木いちごの看板は小さくて目立たないので、ぽっぽ五頭の看板を目印に向かったほうがいいと思います。

ペンションの中を通って行くと中に広々として落ち着いた素敵なカフェが。
テラスはわんこOKで広いし屋根はしっかりしているので雨などは全然大丈夫。
テラスからの眺めはとても良く、紅葉の時期が楽しみですねー。

雑穀ごはんランチを注文してみました。
牡蠣、ナス、かぼちゃ、車麩のフライはサクサク、特製の地場産豆腐タルタルソースで頂きます。美味しかった~。
根菜のひじき煮、鶏そぼろ煮も優しい味で素材の味が生きていて美味しいです。
野菜の味が濃い感じで、サラダのミニトマトがとても甘かったり、キャベツの千切りにかかっていたニンジンドレッシングが美味しかったりしました、
豆腐の味噌漬けも豆腐自体が密度が高い豆腐で食べ応えのある和風チーズのような感じで美味しかったです。

減塩料理だったらしいのですが言われなければ減塩だと気付かないくらいしっかりダシが効いた味でした。

おひやも美味しくて何度も飲んでしまいました。
聞いてみたら地元の名水の湧き水を使っているそうです。
この雑穀ごはんもきっと湧き水で炊いたごはんなんだろうな~柔らかで美味しい雑穀ごはんでした

水が美味しかったので+200円のランチコーヒーを注文
苦味は弱めで酸味と豆の香りが深いタイプのコーヒーかな。
水のおかげなのか豆がいいのかとげとげしい刺激とかがない丸い味わいのコーヒーで美味しかった!

雰囲気がいいし時間の経つのを忘れてしまいそうな感じのお店でした。

引用:食べログ

口コミにあった雑穀ごはんセットが下記の画像のこちら。

旬のお野菜が使われていて確かに体が喜びそうです。

カフェ木いちごメニュー

引用:食べログ

Sponsored Links

「カフェ木いちご」の行き方アクセス

  • 住所:新潟県阿賀野市畑江33
  • 電話:0250-47-5250

お車で

磐越道 安田ICから20分

公共交通機関で

  • 羽超本線神山駅から車で20分
  • 白新線豊栄駅から車で20分

  • 磐越西線馬下駅から車で24分

Sponsored Links

カフェ木いちごオープンのきっかけ

椎野さんご夫妻

引用:人生の楽園

10月20日の人生の楽園で放送される「カフェ木いちご」のオーナー椎野和子さんは、新潟市出身で、阿賀野市の農家で生まれ育った椎野十蔵さんとご結婚して3人のお子様に恵まれました。

ご主人の十蔵さんは、家業の米作りと消防の仕事に追われ、趣味を持津暇もなかったそうです。

そんなご主人の十蔵さんに、奥様の和子さんは、「定年後に打ち込める趣味を持って欲しい。濡れ落ち葉になられては困る!」と行っていたそうですよ(笑)。

濡れ落ち葉(ぬれおちば)とは、その名の通り 濡れた落ち葉のことで、払っても払ってもなかなか離れない様子から、定年退職後の夫が、特に趣味もないために、妻が出かけようとすると必ず「ワシも(付いて行く)」と言って、どこにでも付いて来る様子を指した、夫を皮肉る約30年前の流行語です。

仲がよいご夫婦だからの冗談交じりの言葉だったとは思うのですが、ご主人の十蔵さんは、奥様のこの言葉がきっかけで、鳥かご職人になられていますからね!

そんなご主人の十蔵さんが、好きなことに没頭出来ると分かり、念願だったカフェを五頭山の麓でオープンし現在に至っています。

まとめ

ここでは、10月20日に人生の楽園で放送された、新潟県阿賀野市のカフェ木いちごの場所やメニュー、また口コミについてまとめています。

カフェ木いちごは、自然豊かな温泉郷の中にありました。

人気メニューはナポリタン!

冬場は閉店してしまうので、お出かけの際には確認してくださいね。またこの記事は2018年の0月に書いています。

季節によって材料が変わってくるはずなので、メニュー料金も変更になる可能性がありますから、併せて確認してくださいね。

同日に放送される、竹の鳥かご職人十蔵さんの記事も合わせてどうぞ。

鳥籠屋十蔵(とりかごやじゅうぞう)竹の鳥かご販売とオーダーについて

Sponsored Links

コメント