『めしと、つけめんと、パンと、』は、兵庫県の篠山市にある廃校を利用したカフェ。

そんな「めしと、つけめんと、パンと」さんが316日の人生の楽園の主人公なのですが、懐かしい教室で食べるご飯がとても魅力的! 

口コミをチェックしてみると「教室で食べる給食のようで懐かしい」など、小学校の廃校を利用したユニークなコンセプトのカフェに大満足の様子でした!

さらに、人気の秘密を探ってみると、地場野菜を使った美味しいご飯で、地域の方や観光で訪れた人の、憩いの場となっています。

ここでは、廃校になった篠山市の旧福住小学校にオープンしたカフェ~『めしと、つけもんと、パンと、』の営業時間やお料理メニュー、また口コミについても調べてみました。

Sponsored Links

「めしと、つけもんと、パンと、」基本情報

引用元:cdn.kobe-np.co.jp

営業と営業時間

料理メニューと値段

  • 地元産コシヒカリのご飯・漬物・味噌汁がセットになった定食(500円)
  • パン・焼き菓子など
  • なんと、懐かしの定番給食メニュー「揚げパン」も!

カフェ「めしと、つけもんと、パンと、」の自慢は何と言っても「めし」。

ここのカフェに訪れるお客さんに大好評な、ふっくらツヤツヤに炊き上げたご飯と漬物など、週替わりのおかずが魅力です。

ご飯はおかわり自由で、メインのおかずは、何が出るのかは当日のお楽しみ!

また、パンや焼き菓子は『めしと、つけめんと、パンと、』オーナー原田さんの自宅工房『KURURI』で焼きあげたもの。

この『KURURI』もあとの方で紹介しますね。

「めしと、つけもんと、パンと、」口コミと評判

「めしと、つけもんと、パンと、」の行き方とアクセス

  • 住所:兵庫県篠山市福住342料金: 830 円
  • 最寄り駅:山陽本線・園部駅

園部駅からは、園部駅西口発、福住行き⇒(810円40分弱)⇒福住バス停下車徒歩1分。

「焼き菓子工房 KURURI」

  • 場所:〒669-2504 兵庫県篠山市西野々510
  • 営業日:日曜日のみ 
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 行き方アクセス:国道372号線西野々信号を旧道に50メートル入ったとこ

テレビで放送された翌日が、ちょうど「 KURURI」の営業で日曜日です。

人生の楽園で放送されたあとは、かなりの人が訪れるのですが、工房はご自宅の一角なので、ご迷惑にならないようにしたいものですね。

KURUMIさんの公式フェイスブックが下記のこちら↓。

「めしと、つけもんと、パンと、」オープンのきっかけ

引用:人生の楽園

『めしと、つけもんと、パンと、』のオーナー原田久美子さんは、もともとお菓子作りが大好きで、お2人のお子さんが生まれてから、誕生日のケーキなどたくさんのお菓子を手作りしてきたそうです。

子育てが一段落すると、本格的に焼き菓子作りを始め、地域のイベントで販売もされていました

それから、旦那さんの協力で、8年前に焼き菓子工房『KURURI』をオープン!

この『KURURI』は、なんとご自宅の一角を改装したそうですよ。

そんな久美子さんは、「いずれはカフェも開きたい」という目標を持ち、篠山市主催のビジネススクールでお勉強をされていました。

『めしと、つけもんと、パンと、』オープンのきっかけとチャンスが訪れたのは2017年。

廃校となった地元の小学校、旧福住小廃校でカフェを開くという話が持ち上がったのです。

久美子さんは、廃校のまま放っておくのはもったいないと、「みんなで立ち上げてみんなで作りたい」と立候補しました。

こうやって、地域の方々と共に教室をリフォームし、201810月にオープンしたのがカフェ『めしと、つけもんと、パンと、』です。 

Sponsored Links

まとめ

ここでは、廃校になった篠山市の旧福住小学校にオープンしたカフェ~『めしと、つけもんと、パンと、』の営業時間やお料理メニュー、また口コミについてまとめています。

  • 営業日:木・土・日
  • 営業時間:11:00~16:00

廃校の教室を使用するという何ともユニークなカフェは、オーナーの久美子さんの夢がつまった素敵な空間で、地域の方々の交流の場ともなっています。

調べてみると、地元の食材を使った久美子さんのごだわりの料理が並び、美味しそう

懐かしの教室でごはんが食べるのも魅力的だし、学生時代の友達と行くと、まるであの頃にタイムスリップしたみたいになるかもしれませんね^^

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 

Sponsored Links
コメントを残す

おすすめの記事