「古民家食堂六代目へいじ」は、栃木県日光市のダムの建設によってできた五十里湖の湖畔にある民宿

その「古民家食堂六代目へいじ」さんが3月9日の人生の楽園の主人公なのですが、お料理もおいしそうだけど、警備犬の柴犬のダム君とイカリ娘ちゃんも可愛すぎました!

日光は、新宿から思ったほど遠くないんですよね。

なのでここでは、五十里湖の湖畔にある民宿「古民家食堂六代目へいじ」さんのランチや宿泊情報とあわせて口コミについて。

また柴犬のダム君やイカリ娘(いかりこ)ちゃんについても調べてみました。

Sponsored Links

古民家食堂六代目へいじのランチについて

古民家食堂六代目へいじさん、お昼のランチは現在やっていらっしゃらないようで、公式サイト内のブログに、

『現在、お昼の営業はいたしておりません。』との赤文字で表記がされています。

もともとは食堂としてオープンなさったお店なので、2015年頃まではお昼のランチメニューもあったようです。

当時のランチメニューと口コミも、グルメサイトに掲載されています。

うーん。残念です。

定食を頂きました。胃にも身体にも優しい味付けで、日頃の毒素が抜ける感じです。 店の中に流れる音楽を聴きながら、ゆったりと食事が出来ました。

引用:Retty

「古民家食堂六代目へいじ」さんは、人生の楽園でも紹介があったとおり、現在は民宿として、1日1組限定でお客様をお迎えする民宿として営業です。

柴犬・ダム君とイカリ娘ちゃん

  • 警備隊長のダム君は茨城出身。
  • お嫁さんのイカリ娘(いかりこ)ちゃんは沖縄出身。

「いかりこ」ちゃんという名前を見た時に、失礼ながら激しく吠えてイカリまくるからかな?っと思ったのですが、ダムの建設で移転することになったかつての宿場町・五十里宿の名前から命名されているようですね。

古民家食堂六代目へいじさんの公式サイト内に、こんなに可愛いダム君とイカリ娘ちゃんの画像がありました。

「古民家食堂六代目へいじ」の宿泊予約と口コミ

「古民家食堂六代目へいじ」さんの宿泊予約は、直接予約することも可能ですが、楽天トラベル内からの予約がが断然便利です!

⇒ 古民家食堂六代目へいじ

たまっているポイントの一部も使えますし、宿泊すればまたポイントもたまります♪

上記の画像は、楽天トラベルさんからの引用なのですが、看板犬のダムくんかイカリ娘ちゃんかが、ちょうどパトロールしている姿が写り込んでいます。

お腹を手術したりした時に、傷口をなめて悪化させないようにと顔周りにつけられる「エリザペスカラー」とつけてるけど、ダム君でしょうか?イカリ娘ちゃんでしょうか?

古民家食堂六代目へいじさんの口コミ

楽天トラベル内に投稿されている口コミはすべて星5つ!

また、ダム君やイカリ娘ちゃんがフレンドリーにお出迎えしてくれるとの口コミもあるので、ワンちゃん好きにはたまりませんね。

古民家食堂六代目へいじさんの口コミ

●2月5日に宿泊しました。評価は5までつけれますが、自分的には100いや、それ以上つけたいくらい良かったです。宿泊の数日前にダム君といかり娘チャンの写真付きのハガキを貰って2人とも可愛くて可愛くてしかなくて、実際に行ったらもっと可愛くてヤバかったです。ダム君といかり娘チャンが尻尾をフリフリしながら出迎えてくれ感激し、ご飯も品数も食べきるのが大変なくらい多くとても美味しかったです。

●夏休みにお世話になり、今回は3回目の宿泊となりました。柴犬達は私達のことを覚えていてくれたのか、尻尾フリフリのお迎えにまず感激しました。また、ご主人による手の込んだ東北の郷土料理の数々の豪華な夕食、奥様による彩り豊かでヘルシーな朝食にも感激させられました。品数、ボリュームもありますが、おいしさのあまり全て完食させていただきました。

1/12に一泊でお世話になりました。長女は可愛いいかり娘ちゃん、ダムくんとお散歩が出来て、とても喜んでいました。お食事も下の娘の分までご用意くださり、温かい心遣いに感謝致します。家族皆んな大満足で癒されました。また是非宿泊させて頂きたいです!

引用:古民家食堂六代目へいじ

Sponsored Links

 

「古民家食堂六代目へいじ」の基本情報

  • 住所:321-2603栃木県日光市五十里73
  • TEL:0288-25-7720
  • FAX:0288-25-7720
  • チェックイン:16:00 (最終チェックイン:19:00)
  • チェックアウト:10:00
  • 駐車場:有り(4台・無料)

宿泊料金と条件

  • 宿泊日:通年(但し休館日あり、要問合せ)
  • 宿泊人数:大人5名様まで(子供さんについては要相談)

宿泊料金表一覧(税込)

大人 子供
小学4年生以上
子供
小学3年生~
1年生まで
幼児
3歳~
就学前まで
乳児
2歳以下
(施設利用料)
平成30年1月1日~
平成30年12月31日まで
10,800円 10,800円 7,900円 6,900円 2,080円

「古民家食堂六代目へいじ」の行き方アクセス

電車で

●最寄り駅は野岩鉄道「湯西川温泉駅」

  • 浅草~湯西川温泉駅まで、特急リバティー直通運転(2時間15分)

下記の図では、最寄りの湯西川温泉駅から徒歩10分と書かれているのですが、Googlemapでは30分弱になっていますので注意してください。

お車で

  • 最寄りICは、日光宇都宮道路の今市IC。

東北自動車道・宇都宮ICから日光宇都宮道路方面にすすむ。

●電話番号検索 ⇒ 0288+25-7720

●住所検索 ⇒ 日光市五十里73番地(旧住所藤原町五十里73番地)

「古民家食堂六代目へいじ」オープンのきっかけ

引用:人生の楽園

「古民家食堂六代目へいじ」オーナーの三上政志さんは、青森県弘前市出身で、旅行会社の添乗員や営業として各地を歩きました。

奥様の玲子さんと出会ってからは、仙台で旅館コンサルタントとして独立。

ちょうどその頃に、一緒に活動していたのが、鉄道会社の飲食部門担当だった細井平治さんでした。

平治さんは、戦後、ダムの建設によって移転することになったかつての宿場町、五十里宿の出身で、ある日、平治さんに五十里宿から移築した古民家を見せてもらったのだそうです。

その場所がとても気に入った三上さんは、ここで、自分の力を試してみたいと、平治さんから家と名前を借り、2012年に食堂として六代目へいじをオープン。

ところが、開業からすぐに、ほとんどお客さんが来ない状態になったそうです。

三上さんは、五十里宿の発展を願って古民家を貸してくれた平治さんの応援に応えたいと、民宿への切り替えを決意して、2016年3月に、1日1組限定の民宿として再スタートさせたのが『古民家食堂 六代目へいじ』です。


まとめ

ここでは、五十里湖の湖畔にある民宿「古民家食堂六代目へいじ」さんのランチや宿泊情報とあわせて口コミについて。

また柴犬のダム君やイカリ娘(いかりこ)ちゃんについても調べてみました。

これからの季節の日光は、一番気持ちの良い季節になりますね!

 

Sponsored Links
コメントを残す

おすすめの記事